医師の医療求人があるのは一番は病院ですが、病院でも規模や専門によって行う医療行為の内容が異なります。

医療求人の探し方について

医療求人の探し方について
医療求人の探し方について

医療求人の探し方について

医師の医療求人が多いのは病院ですが、病院と言ってもその規模や自分の専門分野によって医療行為の内容は異なります。まず病院の規模に関してです。小さい病院だと、個人で開業や離島の診療所のような所がありますし、大きな病院ならば医学生の養成機関も兼ねている大学病院などがあります。他にも、私立病院などは大きめです。小さな病院では、一人の医師がほとんど何でも担当するというケースが多いです。また、家族経営で運営しているような病院もあります。大学病院のような大きな病院は、診療科目によって仕事が分業化されているのが普通です。自分の専門に合った診療行為を行える所がメリットです。

診療科目をざっとあげてみると、内科、外科、小児科、産婦人科、泌尿器科、救急科、眼科、耳鼻科、皮膚科、整形外科、形成外科、心療内科、精神科、などまだまだあります。さらに言うと、内科でもさらに胃腸器内科、循環器内科、と細かく専門を分ければ切りがないくらいです。医療求人の特徴としては、一度決めた専門を変えるのは稀という所です。途中で変更が効かないわけではないですが、応用出来る部分がないと、転職などで他のジャンルの専門に切り替えるというのは難しいです。

Copyright (C)2015医療求人の探し方について.All rights reserved.